当サイトの監修獣医師|漢方・鍼灸治療が得意な静岡の動物病院院長

当サイト「キャットフード教授」では、獣医師による記事の監修を行っています。

監修獣医師のプロフィール

増田

獣医師 増田 国充先生
経営動物病院 ますだ動物クリニック
所在地 〒427-0039 静岡県島田市向谷3-918-9
電話番号 0547-33-6010
POINT
日本でも数少ない獣医東洋医療を取り入れており、遠方からのご来院も増えております。とりわけ鍼灸では椎間板ヘルニアの内科治療で治療効果が得られております。

診療の一方で、専門学校にて動物看護学の非常勤講師として、また国際中獣医アカデミー日本校にて獣医師を対象に中獣医鍼灸学の講師を行っております。

東日本大震災における動物救助活動に参加したことをきっかけに動物と防災について関心を持ち、動物版DMATともいえるVMAT(災害派遣獣医療チーム)に参画いたしました。

経歴

  • 平成13年北里大学獣医畜産学部獣医学科卒業、獣医師免許取得
  • 名古屋市内、静岡県内の動物病院勤務後、平成19年にますだ動物クリニック開院

所属学術団体

経営動物病院紹介

ますだ動物クリニック

経営動物病院ではペット先進国の最新の西洋医療を取り入れていることはもちろん、日本でも数少ない漢方、鍼灸治療、ペットマッサージといったケアを行っています。

ポイント1:漢方

養生として長期服用しても問題のないものが多いのが漢方の特徴といえます。また、同じ疾患であっても、症状によっては異なるお薬を処方することもあります。

効果的な症状 慢性の皮膚疾患(なるべくステロイドの使用量を減らすという目的で)
消化器疾患
運動器疾患での鍼治療との相乗効果
病気の全段階「未病」
健康維持・アンチエイジング

※症状により異なるため詳しくは担当獣医のカウンセリングが必要となります。

ポイント2:鍼灸治療

鍼灸治療を単独、西洋医療の治療の補助として併用と、症状に合わせた治療を行います。

効果的な症状 椎間板ヘルニア
慢性運動器疾患
慢性腎不全
衰弱・老齢による体力低下

※症状により異なるため詳しくは担当獣医のカウンセリングが必要となります。

ポイント3:ペットマッサージ

高齢化が進む動物たちも人と同じような病気に罹ることがわかっています。また普段から全身を触ることで、皮膚病やしこりなどの異常に早く気付くことが出来るメリットもあります。

効果的な症状 関節が痛む・足腰が弱くなる
ヘルニアのリハビリ
ストレスによりこわばった筋肉のこり
リンパの流れ

※症状により異なるため詳しくは担当獣医のカウンセリングが必要となります。