猫の毛並みを良くするキャットフードの選び方とおすすめランキング!

猫の毛というのはふわふわしているものもいればさらさらとした毛ざわりで、いつまでも撫でていたくなるのも当然と言えるでしょう。

しかし、しっかりと餌を選ばないとこの大事な毛並み・毛艶がキープできないということもあります。

そこで今回は猫の毛並みを良くする、キープすることを目的としたキャットフードの選び方とおすすめをランキングで紹介していきましょう。

キャットフード教授

猫のふわふわ毛並みを維持するために必要な栄養素を覚えておくと良いニャ!!

毛並み改善に!キャットフードの選び方!3つのポイント!

毛並みを保つ、あるいは改善するためにはどのようなキャットフードを選べば良いのか、知識がないとただただ高級なキャットフードと考えてしまいがちです。

しかし、高級ではなくともしっかりとした安全性の高い、あるいは毛並みを改善する成分が含まれているキャットフードを選ぶことによって予防・ケア・改善というのは十分に可能でしょう。

では、どのようなポイントを選べば良いのかについてですが、以下の3つのポイントに絞っています。

3つのポイント
  • オメガ3脂肪酸がたっぷり含まれている
  • 動物性タンパク質が豊富に含まれている
  • 身体に悪影響を与える成分が含まれていない

聞いたことが無い成分もあるかもしれませんが、毛並みについてピントを合わせてみると必ずこれらのポイントは必要となってきます。

では、それぞれ毛並み改善にどのような影響があるのか見ていきましょう。

1. オメガ3脂肪酸がたっぷり含まれている

オメガ3脂肪酸というのはDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)・α-リノレン酸で構成される脂肪酸です。

これらは認知症防止に良くしられる成分で、神経伝達物質に関与してくれることで知られていますが、猫ちゃんにとっては毛並みにも良い影響を与えてくれます。

オメガ3脂肪酸は皮膚を健康に保つ作用を持っており、そのため毛も健康に育つことができるため毛並みをキープ、改善することができるということなのです。

このオメガ3脂肪酸は亜麻仁油やキャノーラ油などに含まれていますが、魚に多く含まれているため、魚をメインにしたキャットフードを選ぶと良いでしょう。

魚をメインにしていなくてもサーモンオイルなどの魚から抽出されたオイルを配合しているキャットフードであればオメガ3脂肪酸が含まれています。

ただ、オメガ3脂肪酸が含まれているキャットフードというのは少ないため、良く調べてから購入する必要がありそうです。

特に注意してほしいのが青魚メインではなく白身魚をメインとしたキャットフードを選んで欲しいという点です。

注意
青魚というのはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれてはいますが、不飽和脂肪酸が多いため過剰摂取による黄色脂肪症(イエローファット)を発症するリスクがあります。

そのため、バランスよくオメガ3脂肪酸を摂取することができる白身魚をメインとしたキャットフードがおすすめということです。

毛並み改善に良い成分がたくさん配合されているからといって青魚がメインのキャットフードを与えすぎないようにしましょう。

2. 動物性タンパク質が豊富に含まれている

猫ちゃんの毛並みの根本に必要なのは動物性タンパク質です。

というのも猫はほぼ肉食動物となっているため、動物性タンパク質によって身体の各機能の働きを補っています。

そのため毛並みをキープする、改善するためには動物性タンパク質が豊富に含まれたキャットフードを選ぶようにしましょう。

含有率の目安としては大体30%以上がおすすめです。

ただ、タンパク質が単純に30%以上配合されていれば良いというわけではなく、高品質な素材を使用しているかどうかにも栄養が凝縮されているかの分かれ目となります。

品質に信頼できるかどうか見極めるコツとしては、タンパク質原料の状態・部位が明確に記載されているキャットフードを選ぶのが良いでしょう。

魚をメインにしているのであれば「フレッシュサーモン」、「生ニシン」など新鮮な状態のタンパク質を含有しているということがわかるものを選ぶということです。

一方、品質の悪いタンパク質についても覚えておかなくてはなりません。

低品質なタンパク質の代表例として4Dミートがあります。

注意

「Dead=死んでいる」「Dying=死にかけている」「Disabled=不具合」「Diseased=病気である」といった頭文字を取ってつけられたのが4Dミートです。

意味からわかるように人間が食べることができない肉や魚を使用し混ぜ合わせて作られているため決しておすすめできるタンパク質とは言えません。

4Dミートの表示名は【愛猫の安全のため!粗悪なキャットフード業界事情を知ろう!】に記載されていますので参考にしてみてください。

栄養面についてもおすすめできませんので、毛並みを維持・改善したいのであれば4Dミートが含有されているキャットフードは選ばないようにしましょう。

3. 身体に悪影響を与える成分が含まれていない

せっかく安全性・栄養面で優れているキャットフードでも、身体に悪影響を与える成分が含まれていると台無しです。

キャットフード内に含まれる成分で気をつけなくてはならないのは「穀物類(グレイン)」と「人工添加物」でしょう。

小麦・米・とうもろこし・大豆といった穀物類というのは猫ちゃんの消化に妨げとなるだけでなくアレルギーになってしまう可能性があるので注意しなくてはなりません。

また、人工添加物に関しては人間の食材に添加できないような危険なものもキャットフード内に含まれていることがありますので穀物類以上に敏感にならなくてはいけないでしょう。

危険な添加物

プロピレングコール、ソルビン酸カリウム、グリシリジンアンモニエート、没食子酸プロピル、エトキシキン、ブチルヒドロキシトルエン(BHT)、亜硝酸ナトリウム、赤色40号、青色2号、ブチルヒドロキシアニソール(BHA)、赤色3号、黄色5号、黄色6号、青色1号、青色102号、赤色105号

以上の添加物が含まれているキャットフードは猫ちゃんの健康に影響を与えてしまう可能性があるので避けるようにしてください。

「穀物類不使用・グレインフリー」と「人工添加物不使用・無添加」といった安全性について考えられたキャットフードを選ぶことをおすすめします。

キャットフード教授

安全性の高いキャットフード=猫ちゃんにとっておすすめできるキャットフードということだニャ!

【安全なものだけ】毛並み改善・維持したい猫向け!キャットフードの比較一覧!

毛並みを改善、あるいは維持したいと考えている飼い主さんにとって先ほどの3つのポイントを抑えたキャットフードを見つけるのは非常に嬉しいことでもあります。

しかし、いざ市販されているキャットフードから探そうとなると非常に種類が多くて迷ってしまうことでしょう。

そこで当サイトで調査した88種類のキャットフードのうち、安全性の高いキャットフード10種類による比較をしていきたいと思います。

安全性基準においては信頼できるキャットフードが毛並み改善におすすめできるのかどうかをみていきましょう。

オメガ3脂肪酸含有率 タンパク質含有率 グレイン・添加物カット
カナガン 0.82% 37% 二重丸
モグニャン 2.08% 30% 二重丸
ファインペッツ 0.4% 32% 三角
シンプリー 3.89% 37% 二重丸
ジャガー 1.4% 40% 二重丸
オリジン 1.2% 42% 丸
アーテミス『オソピュア』 0.6% 35% 丸
アーテミス『フレッシュミックス』 0.6% 30% 三角
アカナ 0.9% 35% 丸
ナウフレッシュ 0.48% 31% 丸

比較してみるとわかるようにほとんどが穀物類と人工添加物が配合されていないので、安全性においては信頼できます。

違いが出ているとすればタンパク質含有率とオメガ3脂肪酸含有率です。

オメガ3脂肪酸においては肉と魚のどちらがメインのキャットフードであるかによって差が出ており、この10種類の中で使用されている魚はすべて白身魚となっています。

この比較表だけでもあなたの猫ちゃんにとってどれがおすすめであるのかをある程度推測することができるので、もし数が多い中からじっくり決めたいということであれば、この10種類の中から選ぶことがおすすめです。

毛並み改善・維持したい猫向け!キャットフードおすすめランキング!

10種類の中からあなたの猫ちゃんに合ったキャットフードを考えるのもいいですが、やはり種類が多いと目移りしてしまって中々決められるものも決められません。

そこで、10種類の中からさらに毛並み改善・維持におすすめなキャットフードを3つピックアップしてランキング形式で紹介していきたいと思います。

シンプリー

シンプリー
ポイント
  1. オメガ3脂肪酸3.89%と高配合
  2. サーモンをメインにした高品質タンパク源
  3. グレインフリー
  4. 人工添加物不使用
  5. 消化に優しく全ライフステージ対応
CHECK
10種類のキャットフードのうちオメガ3脂肪酸が群を抜いて含有しているのがこのシンプリーの特徴です。

サーモンをメインにグレインフリー・無添加と安全性においても抜群で、消化効率も良いため仔猫からシニア猫までの全ライフステージ対応と毛並み改善・維持に万能なキャットフードといえます。

シンプリーの評価
オメガ3脂肪酸
(5.0)
タンパク質
(4.5)
アレルギー
(5.0)
安全性
(5.0)
総合評価
(5.0)

モグニャン

モグニャン
ポイント
  1. オメガ3脂肪酸2.08%含有
  2. 白身魚をメインにした高品質タンパク源
  3. グレインフリー
  4. 人工添加物不使用
  5. 野菜やハーブも使用してビタミン・ミネラルも補給
CHECK
オメガ3脂肪酸含有率2.08%とシンプリーには劣るものの、申し分ない含有率で安全性においても信頼ができるキャットフードがモグニャンです。

白身魚(スケトウダラ)をメインに使用していますので、消化にも優しく栄養もたっぷりのキャットフードとなっています。

モグニャンの評価
オメガ3脂肪酸
(4.5)
タンパク質
(4.5)
アレルギー
(4.5)
安全性
(5.0)
総合評価
(4.5)

ジャガー

ジャガー
ポイント
  1. オメガ3脂肪酸1.4%含有
  2. 肉と魚のダブルタンパク質
  3. グレインフリー
  4. 人工添加物不使用
  5. ヒューマングレード品質の食材を使用
CHECK
オメガ3脂肪酸を1.4%配合しつつ、肉と魚の両方のタンパク質を含有しているためバランスのとれたキャットフードです。

また、ヒューマングレード品質の食材を使用していますので、安全性においてはかなりの信頼ができます。

ジャガーの評価
オメガ3脂肪酸
(3.5)
タンパク質
(5.0)
アレルギー
(4.5)
安全性
(5.0)
総合評価
(4.5)

猫の毛並みが悪くなってしまう原因は?

キャットフード以外で猫ちゃんの毛並みが悪くなってしまう原因がありますので、どのようなものがあるのかを知っておくことも大切です。

では、どのような原因が考えられるのでしょうか。

毛並みが悪くなる原因
  • 栄養不足
  • 毛づくろい不足
  • 乾燥
  • 老化
  • 病気

栄養不足に関しては今回メインで紹介したので省きます。

毛づくろい不足、乾燥、老化、病気になっても毛並みというのは落ちてしまうのです。

毛づくろいは普段猫ちゃん自身でやっているため問題ないように思えてしまいますが、口内炎などによって毛づくろいができない状態になると毛のコンディションが落ちてしまい毛並みが悪くなってしまいます。

また、乾燥すると毛が開きやすくなるため、ヒトと同様にして毛並みが良いとは言えない状況になります。

老化に関しては一種避けようがないところなので、なるべく老化が進行しないように栄養をつけて免疫力を高めるためのキャットフード選びが一番の対策です。

しかし、毛並みのコンディションが整わず、それだけでなく食欲不振、下痢、嘔吐といった症状はキャットフードの見直しではなく病気の疑いがあるため動物病院へ診てもらうようにしましょう。

最大の対策は毛並みを良くする栄養素を覚えておくこと!

毛並みを良くする栄養素というのはオメガ3脂肪酸だけではありません。

ではどういった栄養素があるのかについて少しだけ紹介して最後にしましょう。

毛並みを良くする栄養素
  • オメガ6脂肪酸・・・免疫力を高めて皮膚・被毛の健康を維持
  • ビオチン・・・皮膚と被毛のコンディションを整える
  • ビタミンA・・・皮膚・皮脂の働きを正常にし視力の正常機能にも役立つ

必ずしもこれらの成分が配合されているキャットフードを選べというわけではありませんが、参考程度にこれらの成分が含有されている方が毛並み・毛艶の改善・維持に良い影響を与えるということを覚えておいてください。