国産で無添加なキャットフードの選び方とおすすめランキング!

ヒトが口にするものであれば国産で無添加なものが安心できる証で、それは猫ちゃんにとっても同じように思っている人も多いでしょう。

しかし、市販されているキャットフードの中に国産で無添加なものが中々ないことに気づくはずです。

そこで今回は国産かつ無添加で安心のキャットフードの選び方とおすすめランキングを紹介していきたいと思います。

キャットフード教授

しっかりと安全なものを選んでいくんだニャ!

国産・無添加のキャットフードの選び方!3つのポイント!

国産で無添加なキャットフードを探している人の中には、市販されているキャットフードを探してみても中々見つけられず苦労しているという人も多いでしょう。

実はそれだけ国産のキャットフードは粗悪なものが多く、胸を張っておすすめできるものが少ないのが現状です。

では、国産で無添加のキャットフードを選ぶ場合、どのような点に気をつければいいのかということですが、今回は3つのポイントに絞ってみました。

3つのポイント
  • 猫ちゃんの栄養である動物性タンパク質が豊富
  • 身体に悪影響を与える人工添加物が含まれていない
  • アレルギーとなる穀物類が少ない/カットされている

これらの3つのポイントを抑えることができれば国産で無添加で、かつ安全性の高いものを比較的選べるようになります。

では、これらのポイントがどのように影響してくるのかをそれぞれ見ていきましょう。

1. 猫ちゃんの栄養である動物性タンパク質が豊富

猫ちゃんの身体の資本となる栄養素というのは肉や魚に多く含まれている動物性タンパク質です。

猫は雑食性だと勘違いしている方も多いですが、猫ちゃんは肉に含まれる栄養だけで生きていくことができるほぼ肉食動物なので、キャットフード内に含まれるタンパク質もまた豊富に含有されているものがおすすめとなります。

ではどのぐらい含まれていれば良いのかということですが、タンパク質含有率30%前後を目安としましょう。

良質なタンパク質にはそれだけ栄養も凝縮されていますが、低品質なタンパク質であれば栄養も健康にも悪影響を与えてしまい兼ねないので気をつけなくてはなりません。

低品質なタンパク質の代表として4Dミートと呼ばれるものがあるので覚えておきましょう。

注意

「Dead=死んでいる」「Dying=死にかけている」「Disabled=不具合」「Diseased=病気である」の頭文字を取って名付けられた4Dミートは、人間が食べることができないような状態や部位の肉・魚を混ぜ合わせて作られています。

そのため、栄養面もそうですが与え続けることによって発がんリスクが高くなってしまうということも懸念されているので4Dミートが含有されたキャットフードは避けておきたいところです。

2. 身体に悪影響を与える人工添加物が含まれていない

無添加なものを探しているにも関わらず人工添加物が含有されているキャットフードを選んでしまっては意味がありません。

にも関わらず人工添加物が含まれたキャットフードを選んでしまうのは、どのような成分が人工添加物であるかを理解していない人がいるからでしょう。

では、どのようなものが猫ちゃんの身体に悪影響の与える人工添加物なのか、以下をみてください。

危険な人工添加物例
プロピレングコール、ソルビン酸カリウム、グリシリジンアンモニエート、没食子酸プロピル、エトキシキン、ブチルヒドロキシトルエン(BHT)、亜硝酸ナトリウム、赤色40号、青色2号、ブチルヒドロキシアニソール(BHA)、赤色3号、黄色5号、黄色6号、青色1号、青色102号、赤色105号、ビートパルプ、セルロース、塩、砂糖

猫ちゃんの身体にとても良くない添加物から、入っているのがおすすめできない添加物までを表記させていただきました。

これらの成分が含有されているキャットフードは無添加とは決して言えませんし、猫ちゃんの身体のことを考えてもおすすめできません。

また、実際に人工添加物が配合されているキャットフードを与え続けていると発がんや変異疾患リスクが高くなってしまうということがわかっているので、その点から見てもしっかりと人工添加物がどのようなもの、名前であるのかを理解するべきです。

キャットフード教授

人間と同様に安全な食べ物を猫ちゃんに与えてあげるのが飼い主としての役目だニャ!!

3. アレルギーとなる穀物類が少ない/カットされている

安全性を考えて人工添加物は不使用のキャットフードを選んでいるのであれば穀物類についても考慮する必要があります。

猫ちゃんにとって穀物というのは消化が苦手な食べ物で、それに加えてアレルギーを起こしてしまう可能性があるものとして知られているからです。

ただし、アレルギー1つにとっても穀物類の中でアレルギーを起こしやすいものというのは変わってきます。

そのため、アレルギーになりやすい穀物類が使用されているキャットフードは避け、できる限り穀物含有量が少ない、あるいはグレインフリーといったように全く穀物を使用していないキャットフードを選ぶことをおすすめします。

国産・無添加なキャットフードの比較一覧!

国産で無添加なキャットフードは市販されているものから調べていくと少し時間がかかってしまいます。

また、現在ではネットのみで購入ができるキャットフードに国産・無添加なものが増えてきているため、どれを購入すればいいか迷ってしまっている人も多いでしょう。

そこで今回当サイトで調査した国産・無添加のキャットフードを一覧にして先ほどのポイントを基に比較をしてみました。

タンパク質含有率 人工添加物有無 穀物類使用量
ねこはぐ 28.5% 三角
ねこひかり 32.4% 三角
日本のみのり 50% 三角
シェフキャット 33% 三角
無添加キャットフード安心 40% 三角
メディファス 35% バツ

国産で無添加のキャットフードですが、割と安全性の高いポイントを抑えているかというとそうではないのがわかるでしょう。

特にアレルギーの元となる穀物類ですが、ほとんどのキャットフードに含まれてしまっているのが現状です。

しかし、穀物類の中に含まれているビタミンやミネラルというのは猫ちゃんに有用的に働くことを考えて、アレルギー性の低い穀物を使用しているキャットフードもあります。

今回の比較では見えてこない部分がありますが、国産で無添加のキャットフードを選ぶのであれば、今回紹介した6種類のキャットフードがおすすめです。

どれが良いのかはまた深く比べてみなければわからない部分ですので、興味がある方はみてみると良いでしょう。

キャットフード教授

次は先ほどの6種類の中から厳選したランキングの紹介だニャ!

国産・無添加のキャットフードおすすめランキング!

先ほど紹介した6種類のキャットフードの比較では見えてこない部分がありますが、それを調べるとなるとまた一苦労です。

そこで、安全性について比重をおいたときに国産・無添加のキャットフードでおすすめできるものを3つピックアップしてランキングにしていきたいと思います。

どれがいいかわからないという方がいれば、ぜひこのランキングを参考にしてみてください。

ねこはぐ

ねこはぐ

ポイント
  1. タンパク含有率28.5%
  2. 人工添加物不使用
  3. アレルギー性の低い穀物を使用
  4. ヒューマングレードの素材を使用
CHECK
タンパク質含有率は28.5%と若干低めですが、それでも人工添加物不使用で国産で無添加のキャットフードの中での安全性の高さでは一番となっています。

また素材は厳選されたもので、人間が口にできるほど安全な「ヒューマングレード」を使用しているため安心して猫ちゃんに与えられるキャットフードの1つです。

ねこはぐの評価
タンパク質
(3.5)
人工添加物
(5.0)
グレイン
(3.5)
アレルギー
(4.0)
総合評価
(4.0)

ねこひかり

ねこひかり
ポイント
  1. タンパク質32.4%含有
  2. 人工添加物不使用
  3. ビタミンやミネラルもたっぷり含有
  4. 肉だけでなく魚のタンパク質もバランスよく配合
CHECK
国産の素材を使用しながら、人工添加物不使用でタンパク源も肉と魚の両方からバランスよく摂れるキャットフードとなっています。

アレルギーになりやすいとうもろこしを使用してしまっていますが、タンパク質も品質に信頼ができ30%以上含有されているので穀物アレルギーが出にくい猫ちゃんであればおすすめです。

ねこひかりの評価
タンパク質
(4.0)
人工添加物
(5.0)
グレイン
(3.0)
アレルギー
(3.0)
総合評価
(3.5)

日本のみのり

日本のみのり
ポイント
  1. タンパク質50%とかなり高含有なフード
  2. 人工添加物不使用
  3. 穀物はアレルギー性の低い玄米を使用
  4. メインタンパク質は牛肉を使用
CHECK
キャットフードには珍しい牛肉をメインのタンパク源にしたキャットフードで、人工添加物不使用で国内で生産されています。

穀物類はアレルギー性の低い玄米を使用しておりますが、タンパク質が50%以上とかなりの高含有となっていますので猫ちゃんの栄養補給には優れているといえるでしょう。

日本のみのりの評価
タンパク質
(3.5)
人工添加物
(5.0)
グレイン
(3.5)
アレルギー
(3.5)
総合評価
(3.5)

国産・無添加のキャットフードのFAQ!

国産で無添加のキャットフードを選ぶ場合、市販されているキャットフードでは人工添加物が配合されていたり、栄養価が低くアレルギーを起こしやすい穀物類が多量に含有されていたりと選ぶだけでも頭を抱えてしまうことも多いです。

しかし、猫ちゃんのことを考えるとしっかりと安全性について考えていく必要がありますので最後に国産無添加のキャットフードに関するFAQについてみていきたいと思います。

キャットフードFAQ
  1. 国産で危険なキャットフードはあるの?
  2. 国産以外で安全性が高くおすすめのキャットフードはある?

今回はこの2つの疑問にこたえていきましょう。

国産という言葉にとらわれず、多くの知識を身に着けていくことでより猫ちゃんにとって適したキャットフードを見つけることができます。

キャットフード教授

国産でも海外産でも粗悪なキャットフードというのはごまんとあるんだニャ!

国産で危険なキャットフードはあるの?

国産だからといって全てが安全なキャットフードであるかと問われると、むしろ国産の方が危険なキャットフードが多いという回答になります。

国産の方が安全な気がしてしまうのは、人間が口にする食べ物が国産である方が安心できるからでしょう。

しかし、キャットフードに関しては国内の方が安全についての基準に曖昧な部分が多いため、今回紹介した人工添加物が平気で含有されているものや、4Dミートが含まれている、穀物類がメインのキャットフードがあるというのが現状です。

また、ビートパルプのように成分を抽出する過程で化学薬品を使用しているものは、その化学薬品がビートパルプ内に貯留していても記載されないものもあります。

つまり、成分表示名だけでは身体に悪影響を与えてしまう成分が含まれているかどうか判断できないということです。

これらの点を考えると国産で危険なキャットフードは多数存在し、それを見分けるためには飼い主であるあなたがキャットフードに関する知識を蓄えていかなければならないということになります。

国産以外で安全性が高くおすすめのキャットフードはある?

国産以外にも安全性が高くおすすめできるキャットフードがあります。

むしろ生物博士の考えからいうと海外の方がキャットフードの安全性についての審査が厳しい分安全性の高いものが多い印象です。

とはいっても国産以外のキャットフードというのも数多くありますのでその中でも特に無添加でアレルギー性の低いキャットフードを何点か紹介していきましょう。

カナガン

カナガン
カナガンはイギリス産の平飼いチキンを60%以上使用し、人工添加物は不使用、穀物類も不使用と安全性においてはかなりの信頼ができるキャットフードです。

タンパク質含有率も37%なので猫ちゃんの栄養はたっぷりと含まれており、野菜やハーブもバランスよく配合してビタミン・ミネラルの補給も申し分ありません。

猫ちゃんが大好きなチキンを自然の香りのままで作っているので、食いつきが良いのも人気の1つです。

モグニャン

モグニャン
白身魚(スケトウダラ)をメインにしたタンパク質なので、消化吸収効率が良く仔猫からシニア猫まで全ライフステージに対応したキャットフードです。

カナガン同様に人工添加物不使用・穀物類不使用なので安全性の評価はかなり高いキャットフードの1つとなっています。

白身魚に含まれているオメガ3脂肪酸はDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)・α-3脂肪酸で構成される脂肪酸で、毛並み・毛艶の維持に効果が期待できるために長毛種の猫ちゃんには特におすすめでしょう。

ジャガー

ジャガー
チキン・鴨・サーモン・マスと肉と魚の両方のタンパク質を含有しているキャットフードです。

人工添加物・穀物類は一切配合されておらず、ピックアップしている食材も「ヒューマングレード」のものなので安全性については絶大的な位信頼ができます。

タンパク質含有率も40%と高含有となっているため、猫ちゃんの健康を維持するためにはおすすめのキャットフードと言えるでしょう。