お試し可能なキャットフードの選び方とおすすめランキング!

安全性の高いキャットフードを与えるのが猫ちゃんにとって必要なことであるのは理解できているものの、どのキャットフードが良いのかわからないという人もたくさんいるのではないでしょうか。

そこで今回は安全性の高いキャットフードでありながらお試しキャンペーンをやっているキャットフードのランキングについてみていきましょう。

キャットフード教授

安全性以外にも猫ちゃんの好みも判断しなきゃないから一石二鳥だニャ!!

お試ししやすいキャットフードの選び方!3つのポイント!

お試しがしやすいキャットフードの選び方というのは特にポイントはなく、自分の気になるキャットフードがお試し価格でキャンペーンをしていないかどうか判断すればいいだけです。

しかし、どうせなら安全性が高く栄養面においても信頼できるキャットフードを試したいと思うのはあなただけではありません。

では、どのようなキャットフードを選べば良いのか、3つのポイントに絞ってみました。

3つのポイント
  • 高品質な動物性タンパク質を配合している
  • アレルギーの元になる成分はカット
  • 通常価格とキャンペーン価格が明記してある

上記のポイントでは猫ちゃんの健康面についてと、お試しについてを踏まえていますので、結果として安全性の高いキャットフードを選べるようなポイントとなっています。

では、なぜこのようなポイントが重要であるのかについて1つずつみていきましょう。

1. 高品質な動物性タンパク質を配合している

お試し可能なキャットフードでも市販されている一般的なキャットフードではあまりお得な気分になりませんよね。

そこで、少しグレードの高いキャットフードを試したいと考えている人が多いのではないでしょうか。

具体的に言うと、猫ちゃんの栄養の資本となる動物性タンパク質が高品質であるということです。

猫ちゃんはほぼ肉食動物なので、肉や魚などから栄養を補給することができます。

しかし、市販されているキャットフードの多くは4Dミートと呼ばれる粗悪なタンパク質が含有されていることが多く、また、穀物類がメイン原料になっているためあまりおすすめできません。

一方、安全性の高いキャットフードというのは新鮮で高品質なタンパク質を含有していますので、お試しができるのであれば猫ちゃんの食いつきや健康状態を観察するのにもってこいというわけです。

注意
注意
4Dミートをご存知無い方もいるかもしれないので簡単に説明しておきます。

4Dミートというのは原料となる肉・魚が人間の食べられない部位や病気や不具合が起こってしまっている状態のものを混ぜ合わせて作られているのが特徴です。

〇〇ミート・〇〇ミール・〇〇パウダー・肉類副産物といったような表記があるキャットフードは4Dミートである可能性が非常に高いので安全性を考えた場合には避けるべきキャットフードと言えるでしょう。

2. アレルギーの元になる成分はカット

安全性に信頼ができるキャットフードを選んでお試しをしたいということであれば、アレルギーの元になる「穀類(グレイン)」や「人工添加物」はカットされたものを選ぶことをおすすめします。

小麦・大豆・とうもろこしなどの穀類というのは、猫ちゃんの消化の妨げとなってしまうだけでなくアレルギーの原因にもなりやすいです。

猫ちゃんが雑食性だと思われがちのため、メイン原料に穀類を使用しているキャットフードを与えても何も問題ないと考えている方も中にはいますが気をつけなくてはなりません。

最近では穀類不使用やグレインフリーといったキャットフードが増えているため、パッケージにその旨を記載していることが多くなっており判断しやすいかと思います。

また、人工添加物に関しては猫ちゃんに何のメリットもありませんので無添加のキャットフードを選びましょう。

特に国産のキャットフードというのは人工添加物に関する基準が曖昧で、人間の食べ物に添加することができないものも平気で含まれていることがあります。

危険な人工添加物
プロピレングコール、ソルビン酸カリウム、グリシリジンアンモニエート、没食子酸プロピル、エトキシキン、ブチルヒドロキシトルエン(BHT)、亜硝酸ナトリウム、赤色40号、青色2号、ブチルヒドロキシアニソール(BHA)、赤色3号、黄色5号、黄色6号、青色1号、青色102号、赤色105号

どのような成分が人工添加物かわからないということもあるので、以上の添加物が含有されているキャットフードは選ばないよう参考にしてみてください。

3. 通常価格とキャンペーン価格が明記してある

お試し可能なキャットフードというのはどれがやっているかというのがわからないこともあります。

大抵キャンペーンをやっているキャットフードは大々的に宣伝していますが、どのぐらい割引されているのか、通常価格とキャンペーン価格が明記されている方が飼い主にとってはわかりやすいです。

また、キャンペーン価格だけでなく定期購入をすると割引が適用されるものもありますので、一度お試しをしてから購入を前向きに検討したいということであれば、定期購入で割引されるのかについても調べておくと良いでしょう。

キャットフード教授

どうせ一緒のものを買うのであれば安い方が良いに決まっているニャ!かしこく買い物するんだニャ!!

お試し可能?キャットフードの比較一覧!

お試し可能なキャットフードは安全性の高いものをおすすめしていますが、いちいちお試し可能かどうかを調べて探すのは大変です。

そこで、当サイトで調査した88種類のキャットフードのうち、安全性のおいて信頼ができる安全性基準ランクA以上のキャットフード10種類をピックアップしていきます。

この10種類のキャットフードを先ほどの3つのポイントを基に比較して、どのキャットフードを選ぶか判断の助けにしてみてください。

タンパク質含有率 アレルゲンカット キャンペーン価格
カナガン 37%
(チキン)
二重丸
モグニャン 30%
(白身魚)
二重丸 お試し有
(3,960円→1,980円)
ファインペッツ 32%
(アヒル&ニシン)
丸 お試し有
(3,429円→1,000円)
シンプリー 37%
(サーモン)
二重丸
ジャガー 40%
(チキン)
二重丸
オリジン 42%
(チキン)
二重丸
アーテミス『オソピュア』 35%
(サーモン)
丸 お試し有
(0円)
アーテミス『フレッシュミックス』 30%
(チキン)
三角 お試し有
(0円)
アカナ 35%
(チキン)
丸 お試し有
(300円)
ナウフレッシュ 31%
(ターキー)
丸

表を見てもらうとわかるように、安全性の高いキャットフードの中にもお試しキャンペーンを展開しているものがちらほらあります。

通常価格とお試し価格を表記してあるキャットフードに関しては通常購入するグラム数と同様のものを購入できるキャンペーンです。

一方値段のみ記載してあるキャットフードはグラム数が少なく、通常価格と比較ができないため値段のみの表記としています。

それ以外のポイントでもタンパク含有率もどれも30%以上で低アレルゲン仕様となっていますので、どのキャットフードを試そうか悩んでいるのであればこの10種類の中から選んでみると良いでしょう。

キャットフード教授

次は本題のお試し可能なキャットフードランキングだニャ!!

お試し可能な安いキャットフードおすすめランキング!

お試しができて安全性に信頼ができるキャットフードのうち、3つピックアップしてランキングにしてみました。

どれがおすすめなのかわからなにということであれば、この3つの中から猫ちゃんの好みに合いそうなものを選んでみると良いでしょう。

モグニャン

モグニャン
ポイント
  1. 高品質な白身魚がメインのタンパク源
  2. グレインフリー
  3. 人工添加物不使用
  4. メインが魚なので消化吸収率が良い
  5. オメガ3脂肪酸含有で毛並みキープに最適
CHECK
白身魚(スケトウダラ)を30%以上含油したキャットフードで、グレインフリー・人工添加物不使用と安全性においてかなりの信頼ができます。

100円モニターでモグニャンをお試しすることもできますが、その後の購入も初回半額となっていますので非常にお買い得なキャットフードと言えるでしょう。

モグニャンの評価
タンパク質
(4.5)
アレルギー
(5.0)
安全性
(4.5)
キャンペーン
(5.0)
総合評価
(4.5)

ファインペッツ

ファインペッツ
ポイント
  1. アヒルとニシンの低アレルゲンなタンパク質
  2. グレインフリー
  3. 人工添加物不使用
  4. 材料から徹底された品質の元で生産
  5. 消化吸収率が87%と非常に優秀
CHECK
アレルギー性の低いアヒル肉とニシンを使用し、人工添加物不使用で低アレルゲンの全粒粉を使用しているため安全性については信用できるキャットフードです。

お試しプランとして本来のサイズ同様の1.5kgが初回購入税込1,080円のキャンペーンがありますので、かなりお買い得なキャットフードといえます。

ファインペッツの評価
タンパク質
(4.5)
アレルギー
(4.5)
安全性
(4.0)
キャンペーン
(4.5)
総合評価
(4.5)

アカナ

アカナ
ポイント
  1. タンパク質含有率37%
  2. グレインフリー
  3. 人工添加物不使用
  4. ビタミン・ミネラルが豊富なひよこ豆を使用
  5. 尿路結石予防にも効果的
CHECK
新鮮なチキンと七面鳥肉を使用し、タンパク質含有率が37%と高配合、グレインフリー・人工添加物不使用と栄養面・安全面ともにおすすめできるキャットフードです。

お試しキャンペーンとして50g×3袋が300円で購入することができますので、猫ちゃんの食いつきや好みも判断しやすいのではないでしょうか。

アカナの評価
タンパク質
(4.0)
アレルギー
(4.5)
安全性
(4.0)
キャンペーン
(4.0)
総合評価
(4.0)

お試しのキャットフードを継続するべきか判断する基準って?

お試しのキャットフードを取り寄せてみたはいいものの、続けるべきか違うものを試してみるべきか判断に迷ってしまうという人も中にはいるでしょう。

では、どのような基準を基に継続をしていくべきなのか見ていくポイントを考えていきます。

継続のポイント
  1. 猫ちゃんの食いつきが良いか
  2. 猫ちゃんの身体に合っているかどうか
  3. 猫ちゃんに与え続けられるコスパ

お試しをしたキャットフードを継続する上で大切なポイントの1つに猫ちゃんの食いつきがあります。

いくら安全性の高いキャットフードといっても猫ちゃんが食べてくれなければ意味がありません。

猫ちゃんは特にグルメ家なので、自分の好きなものでなければ一切口にしないということもあります。

ただ、安全性の高いキャットフードというのは自然な肉や魚の香りがするため食いつきも良くあまり心配する必要もないでしょう。

猫ちゃんの身体に合っているかどうかという点についても考えなくてはいけません。

猫ちゃんそれぞれでアレルギーとなる物質は違ってきますので、もしかするとメイン原料にしている成分やその他に含まれる成分が身体に合わないこともあります。

お試しで使用して猫ちゃんの身体に合っているかどうかについても観察するようにしましょう。

猫ちゃんには直接関係のないことにはなってしまいますが、そのキャットフードが与え続けられるコスパであるかどうかという点も考慮しなくてはなりません。

やはり安全性に信頼のできるキャットフードは市販されているキャットフードよりも高価になってしまいます。

それだけに財布にある程度の余裕がなければ与え続けられなくなってしまうでしょう。

今回ランキングで紹介したシンプリーやファインペッツは通常の値段もお手頃なので、気になったらぜひ一度お試しを利用してみてください。