市販で安いキャットフードの選び方とおすすめランキング!

市販されているキャットフードのメリットというのはとにかく安い価格で購入することができるということです。

その中でも気になってしまうのが安全性です。

今回は市販で安いキャットフードの中でも比較的安全なキャットフードの選び方とおすすめランキングを紹介していきます。

キャットフード教授

市販されているキャットフードは粗悪なものばかりだということを先に言っておくニャ!!

市販で安くても安全なキャットフードの選び方!3つのポイント!

キャットフード教授が言ったように、市販で安いキャットフードは粗悪なものばかりで猫ちゃんの安全を考えるのであればおすすめできません。

しかし、その中でも比較的安全なものを選ぶという場合、どのようなポイントに絞って見つけるのが良いのかを紹介していきます。

安全なキャットフードを選ぶために大切なポイントは以下の3つです。

3つのポイント
  • メイン原料は猫の栄養である肉・魚
  • 人工添加物は一切使われていない
  • 穀物類が少ない・グレインフリー

市販されているキャットフードは安いことが最大のメリットで、多頭飼いをしている人にとっては大容量でコスパがいいものは嬉しいですよね。

しかし、だからといって猫ちゃんの健康を考えないのはよくないことなので、しっかりと猫の健康を考えながら安いキャットフードを選んでいきましょう。

では、それぞれのポイントについて細かくみていきます。

1. メイン原料は猫の栄養である肉・魚

猫ちゃんはほぼ肉食動物なので、メイン原料は肉・魚といった動物性タンパク質であることが一番です。

穀物類がメイン原料にきているキャットフードはコスパが抑えられているため安く購入することができますが、猫ちゃんの健康を考えるのであればあまりおすすめできません。

また、猫ちゃんは匂いや味にもうるさくグルメ家な一面も併せ持っているため、好みでなければ食いつきも悪いです。

その点から考えてもメイン原料はしっかりとした肉・魚であることが第一のポイントといえるでしょう。

安ければ安いほど注意をしてほしいのが、粗悪な肉・魚を使用して作られたキャットフードが多いということです。

「Dead=死んでいる」「Dying=死にかけている」「Disabled=不具合」「Diseased=病気である」の頭文字を取った4Dミートと呼ばれるタンパク質をご存知でしょうか。

この4Dミートは人間が口にできないような低品質の肉・魚を混ぜ合わせて作られているものです。

4Dミート表示例
  • 〇〇副産物
  • 〇〇消化物
  • 〇〇粉
  • 〇〇パウダー
  • 〇〇ミール

この4Dミートを与え続けていると発がんや変異疾患を引き起こしてしまう可能性が高くなってしまうので、市販で安いキャットフードの中でも以上の成分表示は避けるように選ぶようにしましょう。

2. 人工添加物は一切使われていない

市販されているキャットフードのほとんどは国産のものなのですが、実は国内のキャットフードというのは人工添加物に対する基準が曖昧で、人間の食べ物に含まれることができない添加物が平気で含有されていることがあります。

以下の人工添加物が含まれているのであれば、そのキャットフードを選ぶべきはありません。

危険な添加物一覧
プロピレングコール、ソルビン酸カリウム、グリシリジンアンモニエート、没食子酸プロピル、エトキシキン、ブチルヒドロキシトルエン(BHT)、亜硝酸ナトリウム、赤色40号、青色2号、ブチルヒドロキシアニソール(BHA)、赤色3号、黄色5号、黄色6号、青色1号、青色102号、赤色105号、ビートパルプ

人工添加物は餌の着色や長期保存できるようにと飼い主にとってのメリットはあるかもしれませんが、猫ちゃんにとっては何のメリットもないことを理解する必要があります。

市販されているもので安いキャットフードには注意しなければ添加物が含有されていることがあるため、よく確認して無添加なキャットフードを選ぶようにしてください。

キャットフード教授

人工添加物はアレルギーの原因にもなってしまうから本当に注意をするんだニャ!!

3. 穀物類が少ない・グレインフリー

小麦・大豆・とうもろこし・米といった穀物類というのは人間にとっては日常口にしている食べ物なので、そこまで悪影響を考えることはないでしょう。

しかし、猫ちゃんは先ほども言ったようにほぼ肉食動物であるため、穀物類はできる限り少ない方が身体に悪影響を与えることはありません。

猫ちゃんは穀物の消化を苦手としているだけでなく、アレルギーの原因にもなってしまうため、下痢や食欲不振を起こしている猫ちゃんは病気ではなくキャットフードに含まれている穀物類の可能性も視野にいれておく必要があります。

安ければ安いほどメイン原料に穀物類を使用しているキャットフードが多くなってしまうため、安ければ良いということではなくしっかりと安全なキャットフードを与えるという考えのもとで選ぶようにしてください。

【市販】安くて安全な国産キャットフードの比較一覧!

市販されているキャットフードの中で安くて安全なものを選びたくても、ペットショップで販売されているキャットフードの種類はとても多いため、どれを選んでいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回当サイトで安くて安全な国産のキャットフードを調査して10種類ほどピックアップしてみたので、先ほどの3つのポイントを基に比較していきまたいと思います。

メイン原料 人工添加物不使用 穀物類不使用
キャネットチップ 穀類・チキン 三角 バツ
ミオドライ 穀物類 三角 バツ
キャラットミックス 穀物類 バツ バツ
ねこはぐ チキン 二重丸 三角
ねこひかり チキン 二重丸 三角
日本のみのり 牛肉 二重丸 丸
カークランド チキン 三角 丸
無添加キャットフード安心 生肉 二重丸 三角
ピュリナワン チキン 二重丸 バツ
ロイヤルカナン 穀物類 バツ 三角

国産のキャットフードで安くて比較的安全性の高いものを選びましたが、やはりほとんどのキャットフードには人工添加物が含有されていたり、穀物類が含まれていたりと安全性には程遠いようなものばかりな印象を受けてしまいます。

その中でも人工添加物不使用のキャットフードがいくつかありますが、今回比較されていない価格の面でどうしても高くついてしまうため安さという点ではおすすめできません。

安全性を取るのであればどうしても価格が高くなってしまうということだけ覚えておきましょう。

猫ちゃんの健康を重視するのか、コストを重視するのかによって選ぶのを分けてみてください。

では、今回の比較の3つのポイントと安さという点を踏まえて、おすすめキャットフードのランキングを次に紹介していきましょう。

市販で安いキャットフードおすすめランキング!

市販されているキャットフードでできるだけ安く安全性について考えたときに、先ほどの10種類のキャットフードであればどれがおすすめなのかランキングにしてみました。

ランキングに加味したポイントは以下となっています。

ランキングポイント
  • メイン原料が肉・魚
  • 人工添加物使用量
  • 穀物類使用量
  • 価格

では、以上のポイントを基にしたときにどのキャットフードがおすすめなのか参考にしてみてください。

ピュリナワン


ポイント
  1. 主原料はチキンを使用
  2. 人工添加物不使用
  3. 1kgあたり約681円
  4. 低マグネシウムなので尿路結石予防に期待
CHECK
良質なチキンをメインにしたキャットフードで、人工添加物は不使用で1kgあたり681円とコストが抑えられています。

ただし、穀物類が多く含まれており、4Dミートである家禽ミールが含有されているのが気になってしまうところです。

ピュリナワンの評価
タンパク質
(3.0)
人工添加物
(5.0)
穀物類
(1.0)
コスパ
(4.0)
総合評価
(3.5)

カークランド

カークランド
ポイント
  1. 主原料はチキンを使用
  2. アレルギー性の低い玄米・白米を使用
  3. 1kgあたり約340円
  4. 材料はチキンなので猫ちゃんの食いつきが良い
CHECK
主原料はチキンを使用しているため猫ちゃんの食いつきも良く、穀物類が含有されていますがアレルギー性の低い玄米・白米を使用しているため比較的安全なキャットフードです。

人工添加物が亜硫酸水素ナトリウムを使用している点が気になってしまいますが、1kgあたり約340円とコスパはとても良いキャットフードとなっています。

カークランドの評価
タンパク質
(3.0)
人工添加物
(3.0)
穀物類
(3.5)
コスパ
(4.5)
総合評価
(3.5)

キャネットチップ

キャネットチップ
ポイント
  1. メイン食材は穀物類
  2. 人工添加物に着色料(赤色102)使用
  3. 1kgあたり約450円
  4. 尿路結石予防に効果的
CHECK
メイン食材にとうもろこし、コーングルテンフィード、コーングルテンミールといった穀類を使用し、人工添加物も着色料である赤色102号を使っているため猫ちゃんの健康を考えるとあまりおすすめできないキャットフードです。

ただし、1kgあたり450円となっているためコスパにおいては安く抑えられておすすめできるといえるでしょう。

キャネットチップの評価
タンパク質
(2.0)
人工添加物
(2.0)
穀物類
(2.5)
コスパ
(4.5)
総合評価
(2.5)

市販で安いキャットフードのFAQ

市販で安いキャットフードは今回紹介したように安いだけの理由があります。

では、どのようなキャットフードが良いのか、あるいは猫ちゃんにとってどのようなキャットフードを与えればいいのかについて最後にFAQにこたえていきましょう。

キャットフードのFAQ
  • 安全性が高く値段も手頃なキャットフードはあるの?
  • 国産と海外産のキャットフードはどっちがおすすめ?

今回は以上の疑問に対して解消して、あなたの猫ちゃんが健康的な生活を送れるようにする参考にしてみてください。

安全性が高く値段も手頃なキャットフードはあるの?

市販されているもので安いキャットフードの方がコスパが良く選びたい気持ちもわかります。

しかし、今回の成分評価を見ていると、猫ちゃんがいつまでも健康で暮らしてもらうためには栄養面・安全面について信頼できるキャットフードを選ぶ必要があることを理解してもらえたことでしょう。

では、安全性が高く値段も手頃なキャットフードについて少し紹介していきます。

カナガン

カナガン
イギリス産の高品質チキンを使用したキャットフードで、人工添加物・穀物類ともに一切含有していないため安全性においてはかなりの信頼ができます。

また、タンパク質も品質が良く、野菜やハーブもバランスよく含まれているため栄養価はかなり期待できるのが特徴です。

値段は国産で無添加のキャットフードよりもお手頃で、1kgあたり約2,640円となっています。

自然なチキンの香りは猫ちゃんがやみつきになるほどなので、一度カナガンの魅力に触れてしまった猫ちゃんはもう市販のキャットフードには戻れないといっても過言ではありません。

モグニャン

モグニャン
消化吸収効率が良い白身魚(スケトウダラ)をメインにしたキャットフードで、仔猫からシニア猫まで全ライフステージに対応しています。

白身魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸はDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)・α-リノレン酸が構成されているため、毛並み・毛艶キープに期待ができるのが特徴です。

値段はカナガン同様1kgあたり2,640円ですが、初回購入半額キャンペーンも実施しているため、猫ちゃんの食いつきなどの反応が試しやすいキャットフードといえます。

シンプリー

シンプリー
サーモンをメインにしているキャットフードで、人工添加物・穀物類不使用と安全性・消化吸収・栄養面どれをとってもおすすめできます。

モグニャン同様にオメガ3脂肪酸がたっぷり含有されていますので、長毛種の猫ちゃんや被毛がふわふわの猫ちゃんにはうってつけです。

値段は1kgあたり2,640円となっていますので、市販されているものよりは少し高く感じてしまいますが、猫ちゃんの健康を考えるのであれば安いと考えてもいいぐらいの値段でしょう。

国産と海外産のキャットフードはどっちがおすすめ?

野菜や肉を購入する場合、国産と海外産のどちらが安心かと問われると、国産のほうが安全だという人がほとんどです。

そのイメージからキャットフードも国産のほうがおすすめなのではないかと思ってしまうでしょう。

しかし、価格・安全面の両方からみても海外産のキャットフードの方がおすすめなものが多いです。

その理由にキャットフードに対する安全性の基準の違いがあります。

実は日本のキャットフードの安全性に対する基準というのは曖昧で、人工添加物が含有されていても販売されているものが多いのが現状です。

一方海外ではキャットフードに対する基準が明確で、より安全なものを与えるという思考のほうが根強くあります。

それだけで一概に国産のキャットフードを選ぶべきではないということではありませんが、海外産のほうが安全性が高く、かつ値段も手頃に購入できるということを知っておいて損はないでしょう。

キャットフード教授

カナガン・モグニャン・シンプリーも海外産だけど含有されている成分を考えると手頃だしおすすめだニャ!!